« KAMUIリソース | トップ | mbed版 MIDI USBホスト »

KAMUIサンプルアプリケーション

ようやくKAMUIのサンプルアプリケーションの整理が一段落したので、mbed.orgPublishしてみました。

今回公開したサンプルアプリケーションは次の4つです。参考例ということで機能的にあまり複雑にせず、ごく基本的なものとしてみました。

  • KAMUI_DIN-SYNC_Example
    DIN-SYNC(SYNC24)を発生させるアプリです。VRでテンポ(40-220BPM)とシャッフル具合を調整できます。またSYNC1とSYNC2出力は同一クロックソースですが、スタート・ストップを独立して制御できます。

  • KAMUI_MIDI-CV_Example
    シリアルMIDI-CVコンバータです。ピッチベンド、LFOモジュレーションもCVにMIXされて出力されます。VRでCV1〜4をMIDI1〜16chに連続的にアサインできます。また、CV5〜8はCV1〜4をHz/Vに変換した電圧を出力します。今回はソフトウェアによるグライド(ポルタメント)機能も実装してみました。

  • KMAUI_USBMIDI-CV_Example
    上記、MIDI-CVコンバータのUSB版です。mbedのhandbookで公開されているUSBMIDIデバイスクラスを利用しています。

  • KAMUI_OSC-CV_Example
    以前の記事「KAMUI OSC-CV/GATEの実験」で紹介した機能です。MIDI-CVと同様にグライド機能を実装したので、離散的になりがちなOSCメッセージでもスムーズなCV出力が得られます。なお、CV出力は-10〜+10Vの範囲です。

    なお、写真のアクリルパネル(ベゼル?)は工房Emerge+さんでレーザー加工して頂いたものです。デザインはさておき、代金もリーズナブルな上、綺麗な加工でとても満足しました。

    USBホストやMicroSD等を利用したアプリも考えられますが、とりあえずこんなことが出来ますといったご紹介でした。

    # KAMUIは試作中です

  • « KAMUIリソース | トップ | mbed版 MIDI USBホスト »