« 第9回アナログシンセビルダーズサミット | トップ | CMU-800 MIDI Interface 2011モデル »

USB-MIDIホストの実験

Interface誌2009年5月号LPC2388付録基板を使って、 USB MIDIからシリアル(レガシー?)MIDIへの変換ブリッジの実験をしてみました。(以前、アナログシンセ掲示板で議論されていたアイデアです)
とりあえず、AKAI LPK25KORG nanoKEYにて動作が確認できました。(無保証ですが…)

IMG20091220.jpg

ファームウェアはInterface誌6月号で解説されているUSBホストコントローラのサンプルコード(オリジナルはNXP Semicondutors社から提供されているサンプルコード USB Host lite)をベースに作成しています。(GCC版)
なお、MIDI関係処理については特に難しいことはしていません。USBターゲットのMIDIストリーム用エンドポイントからBulk転送でデータを受け取り、頭の1byteを取り除いてそのままシリアルMIDIポートに吐き出すだけです。(OHCIえらい!)

ファームウェア(転載可否の解釈が微妙なのでソースコードは抜粋としてます)
usb_midi_host20091220.zip
MIDIOUT回路図(実験用)

毎度のお約束ですが、利用は自己責任でお願いします。(PCやMIDI機器等が壊れても知りません。)

# LPC2388には10bitDACなど豊富なペリフェラルが搭載されているので、USB-MIDI CV等への応用も簡単に出来ることでしょう。

« 第9回アナログシンセビルダーズサミット | トップ | CMU-800 MIDI Interface 2011モデル »