« ESM-2 デモサウンド | トップ | ESM-2 暫定ページ »

ESM-2 ファームウェアなど

とりあえず版です。
以前、SX-150のMIDI-IFのファームウェアでtakedaさんがMIDIランニングステータス処理のバグフィックスをしていただいていますので、それを反映しています。

ATmega88用ですが、ターゲットを変更すればmega88Pでも動くと思います。
なお、AVRStdioのバージョンは4.17、WinAVRは20090313を使用しています。

FW_esm-2_20090927.zip

併せて回路図なども若干見直していますので改訂版です。
また、PCBの接続参考例なども加えました。

ESM-2_PCB_DIAGRAM_20090927.pdf

コメント

接続参考例キターーー!

全体が見やすくなりましたね。
コンボにもモジュラーにも出来るっ
ムズムズします。
EGがもう一つ欲しくなったら、自分で適当な回路を追加できますね。

>コンボにもモジュラーにも

モジュラーというよりパッチ式ですね。

ところで、デデコンのSUW30512を使われていますが、この容量であとどのくらい余裕がありますか?

なおさん、コメントどうもです。
どのようなシンセに仕上げるかは作る方次第…、これがESM-2の原点でもあります。
仰るようにEGやLFOがさらに必要であれば、555EGとかを作って追加していただくなど、ESM-2をベースにしてお好きなモジュールを拡張していただければと思います。
SUW30512はスペック上±12V各々最大130mAまで取り出せますが、EMS-2では約50~60mA程度(実測)使用します。まだ余裕はあるようですが、大きな電流変化を伴う回路を追加すると、出力電圧が僅かに変動するようですので要注意です。
SW-REGがお嫌いな方は別に±12Vのシリーズ電源を用意していただいても結構です。

« ESM-2 デモサウンド | トップ | ESM-2 暫定ページ »