« 2008年07月 | トップ | 2008年10月 »

2008年08月17日

Pepper-MIDI試作品

もあさんのご厚意で、SX-150用小型USB-MIDIインターフェースPepper-MIDIの試作品の動作テストをさせていただいています。>もあさん、ありがとうございます<(_ _)>
チェックさせていただいところ、Windows Media PlayerおよびSONAR LEを使ってSX-150の制御(演奏)が出来ることを確認しました。(現バージョンでは、EGのトリガがかからない場合があるなどの若干の課題は残っているようです。)→Version0.5でほぼクリアしたようです。(2008/8/24)

Pepper-MIDIは写真のとおり、8pinAVRマイコンを使った、非常にコンパクトかつシンプルなUSB-MIDIインターフェースです。
また、WIndowsでは標準のUSBオーディオインターフェースとして認識され、特別なデバイスドライバは不要でUSBポートに挿すだけで使用できました。

IMG20080817A.jpg

ご興味がある方、詳細をご希望の方は、ぜひこちらのリンクをご参照ください。
http://web.mac.com/kuwatay/morecat_lab./Pepper-midi.html

<デモ> 2008/8/24追記
Pepper-MIDIのデモ映像です。
http://www.rjblog.net/movies/Pepper-MIDI_Demo.wmv
あっスミアが…(^_^;)

2008年08月14日

偵察してきた

今日は買い物ついでに、札幌にある数少ない(2件?)パーツショップの一つ、狸小路にある梅沢無線電機というショップを偵察?してきました。

当然、品揃えは秋葉原の秋月、千石などとは比較になりませんが、一応一通りの種類は揃っている感じで、緊急避難的にはなんとかなりそうです。
マイコン関係はPIC(ちょっと高いけど)はあったけど、さすがにAVRは置いてなかったなー(やっぱり)
代わりに、独自ブランドで「ウメパーツ」というのがあって、こちらはお洒落な感じのボリューム用つまみが結構な種類があり、思わずいくつか買ってしまいました。価格の方も1コ42円~と以外にもリーズナブル。
品揃えの感じから言って、やっぱりギターエフェクターの類を製作される方が多いのかしら…

IMG20080814A.jpg
prophetっぽいつまみもあったので、こちらもゲット。

# やっぱり通販だな…

2008年08月13日

CMU800R midi

Matrixsynthの記事から

# PIC版のようですが、大丈夫なんでしょうか…(^_^;)

2008年08月02日

ふろくシンセ完成本

予約していた大人の科学マガジン別冊シンセサイザー・クロニクルがKORG DS-10と一緒にようやく北の地にも届きました(^o^)
IMG20080802A.jpg

わくわくしながら取り出す…

IMG20080802B.jpg

以前、お土産?で頂いた試作品は既に組立済みだったのですが、今回は自分で組み立てられる楽しみがあります。と言っても、所要時間10分ぐらいであっという間に完成。

IMG20080802C.jpg

これで、試作品と合わせてSX-150が3台になりました。

で、ちょっと確認したいことがあり、早速新しく作ったSX-150にも簡易MIDIインターフェースを接続して動作テストをしてみました。
わぉっ、やっぱり… 3台とも見事にチューニングがバラバラです(^_^;)
オクターブスパンは3台ともほぼ同じ傾向ですが、3台ともピッチの絶対値がずいぶん違います。たぶん、SX-150のアンチログトランジスタQ2の個体差が出ているのでしょうね。

現在、公開している簡易MIDIインターフェースのファームウェアは、僕の持ってる試作品に合うようにチューニングしているので、SX-150の個体によってはMIDIキーボードのキートランスポーズ機能などを使って、うまく合わせて(誤魔化して?)あげる必要があるかもです。
次は、ATmega88あたりを使って、もう少しまともにチューニングできるMIDIインターフェースを考えてみようかな。

# 発売日から2日遅れて、札幌市内の書店でも平積みになっているのを見かけるようになりました。ちょっぴり嬉しい…

« 2008年07月 | トップ | 2008年10月 »