« 2008年02月 | トップ | 2008年04月 »

2008年03月31日

秋月のGPSレシーバモジュール

特に何に使おうという目的もないのですが、@4800円という価格に釣られて買ってしまいました。
GPSレシーバーモジュールキット(秋月電子)
IMG20080331A.jpg

で、ネットで調べていると早速分解されている方が…

秋月GPSモジュール@4800円 - Fenrir's BLog

なるほど…、フロントエンド以外はほとんどワンチップになってしまっているのですね。ケータイにも入ってるご時世ですから当然のことなんでしょうけど(^_^;)

GPSに関しては20年ほど前、とあるプロジェクトのため填まった時期がありました。まだ一般的なカーナビも存在しない時代、そもそも衛星が全部揃ってなかったので、時間によって衛星の配置が悪くて、なかなか測位ができなかった思い出があります。
古い資料を探していたら、普及のため熱心にデモをしてくれたTN社の方から頂いた資料などが出てきて、当時ワクワクした記憶がちょっと蘇ってきました。

IMG20080331B.jpg

# 未だにNMEA0183なのですね…

2008年03月30日

MSM5232

KORG POLY-800のメインTGとして使われていますが、ネット上でも情報がほとんど見つからないため、なかなか謎が多いチップかも…

IMG20080330A.jpg

構成はこんな感じかな?
MSM5232の出力そのものは矩形波ですが、16`~2`の各出力を重みを付けて加算することで擬似的にSAW波形も得られます。

実機で波形を観測。

16` only
IMG20080330B.jpg

16`+8`
IMG20080330C.jpg

16`+8`+4`
IMG20080330D.jpg

16`+8`+4`+2`
IMG20080330E.jpg

# (疑似)ポリ音源のネタとして…

2008年03月10日

MS-20のフィルタ

以前、houshuさんのブログでも紹介されていましたが、改めて(いまさらながら)シミュレータと辞書を片手に勉強中です(^_^;)

A Study of the Korg MS10 & MS20 Filters

素晴らしい論文です。
なるほど使用するトランジスタはβRを意識しなければならないのか…
このMS-20(前期型)フィルタはトリッキーですが、非常に美しい設計のフィルタだということが良くわかりました。

# じゃじゃ馬なんて失礼なことを!(反省)

2008年03月02日

pARMを作ろう2

takedaさんの手のひらサイズシンセ「pARM」を作ろうその2です。

とりあえず先週からの続き…

まず、動作確認をするために基板にボリュームなどを仮配線
シンセではなく、エフェクターを作っているような錯覚に…
IMG20080302A.jpg

念のためIC(TL072)を挿す前に、電源電圧が正常にかかっているかチェック
IMG20080302B.jpg

CMU-800のCV、GATE出力を接続して、いざ調整…
IMG20080302C.jpg

VCOの調整は、思ったより簡単に出来ました。2VCO間のスケールも、ほぼバッチリ。

調整法はこんな感じかな~?

まず、TotalTuneとDetuneのVRをセンターにセットし、TRIM3の出力電圧が0Vになるように回しきっておく。ついでにOctSWをONにしておく。
TRIM1(TRIM2)で低音100Hz以下たとえば55Hz(A1)とかに合わせて、TRIM4(TRIM5)で高音1000Hz付近、たとえば880Hz(A5)とかにセットする。このとき、OctSWがONになっているので、同じCVならばVCO1の方が1オクターブ低くなるようにする。
次に、OctSWをOFFにしてTRIM3を回して、VCO1のピッチがVCO2よりオクターブ高くなるようにセットすればVCOの調整完了。

次にVCFの調整ですが、こっちはちょっと難しいです…
このVCF回路はKORG MS-20の前期型に採用された回路なのですが、若干じゃじゃ馬的な回路で、また初めて作る回路なので、まだポイントが掴めきてれない感じです。
とりあえず、ちゃんとしたVCFの調整は次回の課題にするとして、なんとなく合うようにTRIM6とTRIM7をセットしてお茶を濁すことにしました(^_^;)

で、早速遊んでみる。
CMU-800とインベンション(wmv)

いやー、よく出来てますよ。
モジュレーションは別ですが、この基板サイズで立派な2VCOシンセができちゃうんですから…
少し基板の部品密集度が高いので、半田づけ初心者の方にはちょっと大変かもしれませんが、特殊な部品もほとんどなく、後々の拡張もしやすい設計になっていると思います。

次は、ケースに入れてということになるのだけれど、先にMIDI-CVと電源を用意しないとなりません。MIDI-CVはChuckさんのAVRバージョンを参考にさせて頂く方向として、電源は±15V、うーん…よくエフェクターで使っているDC9Vの電源アダプターだけで動くようにならないかしら。

ちょっと考えてみよう。

« 2008年02月 | トップ | 2008年04月 »