« CMU-800MIDI改造完了 | トップ | TR-606復活作戦着手 »

CMU-800MIDI改造ドキュメント

先日完成したCMU-800のMIDI改造(AVR Version)について製作ドキュメントを一応公開しまーす。
最初のαバージョンはPICを使ってましたが、今回はAVR(ATmega168)を使用しています。

いろいろと参考にさせて頂いたサイトの皆様には、感謝申し上げます。m(__)m

1.MIDI KIT基板の製作

回路図(PCB2 Version)
片面プリント基板に無理なくアートワークができるように、ATmegaのピンアサインを一部見直しています。(姑息な手段)

PCBイメージ(PDF)
PCBデータ(PCBE)
サンハヤトの15k(150mm×100mm)で3枚作れます。(えっ、そんなにいらない… 余った基板はどなたかに分けてやってください)
部品配置は以下の写真を参考にしてください。(黒帯1本の抵抗みたいなものは、0Ωつまりジャンパー線です。) なお、ATmega168の下にジャンパー線が1本ありますので、ソケットを取り付ける前に忘れずに配線しておきます。
この基板ではMIDI受信用のフォトカプラにPC900Vを実装していますが、TLP552やPC910も実装できるようになっています。
ちなみにATmega168付近のピンヘッダはファームウェアをダウンロードするためのISP接続用です。

2.フラットケーブルコネクタの取り付け
基板から出ているフラットケーブルを約17~18cmぐらいのところで切断し、写真のように50pinコネクタを取り付けます。(取り付ける向きに注意してください。)

IMG20080113B.jpg

3.MIDIコネクタ取り付けパネルの製作
100mm×30mmのパネル(今回はアクリル板を使用)を用意し、写真のようにDINコネクタ2つ、LED2つ、本体に取り付けるための穴を開けます。

IMG20080113C.jpg

DINコネクタ取り付け後
IMG20080113D.jpg

本体へ取り付け

4.MIDI KIT基板の実装
写真のように、もともとフラットケーブルが出ていた穴付近に基板を高さ10mmのスペーサーを使って固定し、各コネクタを接続します。
なお、MIDI KIT用の+5V電源は左の電源基板から直接取りました。
CMU-800は製造後20年以上は経過してますので、ついでに電源基板の電解コンデンサぐらいは交換しておいた方が良いでしょう。

5.ファームウェアのダウンロード
電源を入れ、異常がないことを確認したら、最後にATmega168にISPを使ってファームウェア(Hex)をダウンロードすれば完成です。
このとき、FUSEビットを忘れずに設定しておきます。
(毎度お世話になっているChanさんAVRSPを使用する場合には「-FL11101111」オプションを付ける)

2011.8.28更新 最新ファームウェア(ATmega88/88P用)
2012.5.06追加 ATmega168/168用ファームウェア
CMU800MIDIKITファームウェア(Hex、Cソース) ATmega88/88P用
CMU800MIDIKITファームウェア(Hex、Cソース) ATmega168/168P用

最新ファームウェアの機能についてはこちらのユーザーズマニュアルをご覧ください。

<注意事項>
本ドキュメントの利用については、各自の責任においてお願いします。
回路図およびファームウェアについては、改変および改変後の再配布等は自由に行っていただいてかまいませんが、無許可での商用利用は禁止とさせていただきます。
当方では改造依頼や基板、部品等の頒布については一切対応できません。

コメント

ひゃっほーい。参考にさせていただきますー

拙いソースですが、ご参考になれば。

i'm very interested in this cmu-800 midi kit. i am from europe, please get in touch if you can help me.

Thank you for interesting of this MIDIKit.
Please question on details here.

is it possible to buy the parts/pcb as a kit? i can install it myself but i cannot manufacture the pcb.
you can email me: darffader@hotmail.com

sorry...
It is only an introduction of the manufacturing method of MIDI KIT in this blog.
Parts/PCB cannot be sold.

too bad. thanks for the reply anyway. I will try to manufacture myself according to the translation of this page. Keep up the good work!

The ATmega168 is it a 20 pu or a 10 pu card. What frequency clock is it 10 or 20? Do you have component list?
Kind regards
Pär

Hi, frequency clock is 20MHz, so choose the 20pu speed.
I do not make the parts list...

Thank you! :)

Is it a total of 3(three) 0 Ω jumpers? It looks that way. The only one I am not sure of is the long resistor under the 50 pin connector on the first photo. I belive that is a 0 Ω jumper but I am not sure.
Kind regards
Pär

There are five jumpers in total.
In detail... click here.

PCB ready!
http://www.99.se/attachments/diy-bygg-reparation/15477d1204642488-pcb-p-billigaste-s-ttet-pcbklar.jpg

Good job!

i wonder if this kit can be installed in a way that the APPLE II can still be used (maybe with a switch?)

Because I don't have APPLE II, such a way is not thought.

Hello RJB, you made wonderful job in the past! as you know I used first pic scheme and I do not see critical issues there. But I changed opto input cause signal level was not enought :) Could you point the main defference in program realization of both schemes?

Oh!I read manual for AVR schemes. Midi support! GREAT! will assemble in these days definitely. thank you again.

Thanks! Andrei.
AVR type is recommended.
Good Luck!

あらためてプロジェクトをビルドしてみたところ mega48, mega88 でもフィットしました。WinAVR-20080512 を使いました。

mega88で収まることは確認済みでしたが、mega48でも入るのですね。ありがとうございました。

Hello RJB,
now I'm prepared to build this scheme. could you please check AVR fuses are CKSEL 1111, SUT 10, CKOPT 0? I took this in AVR course but can't find CKOPT in PonyProg2000. Could you point the correct name there?

Hi Andrei,
fuses are CKSEL->1111, SUT->10, CKOUT->1, CKDIV8->1.
isn't it not CKOPT but it CKOUT?

Hi RJB, thanks for your great job!!! It works fine and much better than pic's version... and CCs support!!! wow!

« CMU-800MIDI改造完了 | トップ | TR-606復活作戦着手 »