« 2005年01月 | トップ | 2005年03月 »

2005年02月22日

いつの間に1年

すっかり忘れていましたが、早いもので本家ホームページを立ち上げてから1年たちました。
この間、本当にいろいろな方と情報交換ができ、本当に良かったと思っております。
今後も少しずつですが、内容の充実をしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

2005年02月19日

PSoCフォルマントフィルターの声

先週、実験で製作したPSoCを使ったフォルマントフィルターの声?です。

PSoC版フォルマントフィルターの声(mp3)

自作モジュラーシンセのVCOからデューティ比25%位のパルス波を突っ込んで、最後にSE70でちょっとディレイを加えています。
まだ、発音的に甘いところもありますが、なんとなく「アイウエオ」と聞こえません?
完全デジタル処理でじゃないところが、アマチュア的でよろしいかと。デジタルでやると、どうも仕事の延長みたいな感じになって・・・(笑)
そのうちPSoCの実験ドキュメントを、本家に少しづつ追加しようかと思っています。

うまく再生できないとのコメントを頂いたので、ちょっと容量が大きいですがWAV版もアップロードしました。

PSoC版フォルマントフィルターの声(wav)

2005年02月14日

リベンジ?PSoCでフォルマントフィルター

昨年、実験に見事に失敗したフォルマントフィルターですが、リベンジ?ということで、PSoCで実験してみることにしました。
PSoC1チップで、BPFモジュールが最大4つ使えますので、F4までのフォルマントをアサインでき、Qが20を超えるような急峻なフォルマントも可能ですので、写真のような簡単な基板でも、それなりに人の声に近いフィルターが出来ました。
さらに、プログラマブルにBPFの定数を変えることが出来るので、「ア」~「オ」もスイッチ1つで変えることが出来ます。MIDIと組み合わせると歌わせることができるかも・・・
ただ、SCFなので、折り返しノイズやS/N的にちょっとつらいところもあり、クロック周波数やSCF定数については、もう少し実験が必要なところです。
実際の「声」?などについては、また後日ご紹介いたします。

IMG20050213A

2005年02月11日

CCSのCコンパイラ

ここ1ヶ月ばかり、忙殺的な忙しさのため脳が筋肉疲労状態で、DIYどころではなく、このブログも久々の書き込みとなってしまいました。^_^;
実は・・・正月プレゼントでgenieさんから高精度なオーディオ用16bitDACのPCM56Pを頂いたのですが、これを生かそうとPICと組み合わせてポリフォニック対応のMIDI-CVコンバータなど考えてみたのはいいけれど、さすがに病気的なMPASMでファームウエアを組むのはかなりきつそうです。
そこで、年間予定?にもあったPIC開発環境のC言語化ということで、CCS社のPCMという14bitMCU用のコンパイラをCCS社のサイトからオンライン注文し、早速ライセンスが届きました。
メディアやマニュアルなどが不要であれば、価格は$125と、代理店経由の半額ぐらいの価格で買うことが出来ます。
組み込み関数も豊富で、特にMIDIと関連の深いシリアル通信関数は、標準UARTポート以外のピンでも自由に使うことができるので便利そうです。
でもPICのアーキテクチャや命令体系はかなり変なので、ある程度アセンブラの知識は必要なのでしょうね(笑)

« 2005年01月 | トップ | 2005年03月 »