« 2004年06月 | トップ | 2004年08月 »

2004年07月26日

本日のお買い物

僕の住んでいるところは鉄筋造りなのですが、ここのところの暑さですっかり建物が熱を帯びてしまって、冷房も焼け石に水で、オフも部屋でゆっくり電子工作といかない状態です。
そんなわけで、今日(もう昨日ですね)は、なまった体に渇を入れるため、午前中スタジオでドラムの練習をしたあと、お買い物に・・・

★CD4046
オフ会でS.T.さんに聞かせて頂いたPIC電子ピアノのPLLの音が忘れられず・・・

★ついでにTC4051とTC4066
pro-5等のリペアパーツ用

★AW16Gの純正ドライブ
いろいろやったのですが、ついにあきらめました。買ってみてなーんだって感じです。チョーくやしいので品番は公開しません(`ε´)

某中古屋で、ジャンク扱いのMS-20(外見は結構きれい)が3万弱で売っていて、これは即買い!と一瞬思いましたが、これ以上シンセが増えると置き場が無いので涙をのんで止めました・・・
「修理したい症候群」の僕としては、一体どこがジャンクなんだろうかと気になるところ。

2004年07月19日

モールスでメアド交換?

電子音楽とは全く関係ない話ですが・・・

僕は全く知らなかったのですが、最近モールス符号に「@」が追加されたそうです。
理由は、モールスで電子メールアドレス等を送信するためのようです。
なんとなくおかしくて思わず笑ってしまいました・・・。

IMG20040719A.jpg

15年ぐらい前までは、ちょっと無線をかじっていて、僕は英語が苦手だから外国とは専らCW(モールス)でしたね。
当時共産圏だったロシアとかも良く交信したけど、無線機の性能が悪かったのか「ピピピー」じゃなくて「チョチョチョー」って感じで音を聞いただけでわかりました(笑)。

CU AGN VA

2004年07月18日

アナログシンセオフ会

昨日は、某アナログシンセ掲示板に集う方のオフ会に初めて参加させて頂きました。
これまで、ネット上だけでのおつきあいでしたが、お会いしてみると気さくな方ばかりで、すごく楽しいオフ会でした。
中には、朝まで飲まれていた方々もいたようで・・・

なんかいろいろ感化されちゃいました・・・
音楽も作りたいっ!
楽器も作りたいっ!
アイデアはいろいろあるんですが、時間が欲しい~!

2004年07月14日

CMU-800は海外で人気?

本家で紹介している元祖DTM音源のCMU-800のMIDI改造ですが、最近、海外からのアクセスや問い合わせが増えてきました。
なんせ英語が大の苦手なもんで、返事が大変で(^_^;

TB-303など発売当初は見向きもされなかったチープな音源が高価な値段で取引されている現状で、こういう矩形波丸出しのキャラクタが受けているのかと勝手に想像しています。
中には、「デモ」が気に入ったので是非使わせてくれといった奇特な人も・・・

時間ができれば、もう少しソフトをバージョンアップしたいと思っているところですが、最近PICをいじってないので、アセンブラをちょっと忘れかけているかな?

2004年07月13日

失敗?フォルマントフィルターの実験

前回の構想で、グライコ用IC「LA3607」で「ア~」のフォルマントフィルター?を作って実験してみました。

IMG20040711A.jpg

結果は・・・無理すれば「ア~」と聞こえないこともないけど・・・どうもイマイチです。
敗因は、LA3607のシミュレーテッドインダクタは等価回路ではエミッタフォロワによるものなので、考えていたより「Q」がとれてないようです。
f特をみると、F1(800Hz程度)、F2(1200Hz程度)のピークがほとんど分離できていない感じ。

今回の実験では、いろいろコンデンサを換えたりして結構大変だったので、逆に3~4バンドぐらいのパライコで作るのが簡単そうに思えてきました。
GIC回路も捨てがたいのですが、ある程度きっちりしたモデルが必要かもしれません。

2004年07月10日

発振器三昧

「酒と電子音の日々」のKATZMIさん、またまた発振器を入手されたもよう。いったい何台お集めになったのでしょう。
きっとこのようになっているにちがいありません。
(勝手な想像ですいません・・・)

IMG20040710.jpg

僕は良く知らないのですが、これらの機材は現代音楽家の住谷智氏のETSM(Electronic Topological Space Music)スタジオのもの。1982年のサンレコの記事にあったものです。(リットーミュージックさんごめんなさい・・・)
氏はこれらの発振器と自作のリングモジュレータ等を駆使して創作されていたようですが、いったいどんな音楽を創られていたのでしょう?
CDも出されているようですが、是非一度聞いてみたいものです。(手にはいるかな~)

2004年07月06日

シンセで「ア~」

製作中のシンセに、フォルマントフィルター回路をつけて人の声みたいなのが出せないかなと考えています。
原理的に難しいものでは無いので、いかに簡単に作るかがミソかなと思っています。

そこで思いついたのがグライコ用のIC。

店によっては100円そこそこで買える「LA3607」は1チップで7バンドのグライコが作れるのですが、そのうち3バンド分ぐらいを使ってフォルマント周波数と適当な「Q」になるようにコンデンサを付けてあげれば、なんとなく出来そうな気がしてるんですけど・・・。
目標は小学生の遠足のおやつ代(500円)以内?

フォルマント周波数はもちろん女声にあわせるつもりです!?

2004年07月05日

prophet-5の接点

接触不良もさることながら、これがよく折れるんですよね~。
今日も、たまにprophet-5で遊んでやろうかと弾いていたら突然A2のキーの音が出なくなり、早速リペア開始。

おなじみ?prophet-5のリペアスタイル。ちなみに下の緑のものは英和辞典!?
IMG20040704A.jpg

巷では、折れた接点の修復法にはいろいろあるようですが、私の場合はこれ。
そうギターの弦です。いろいろ試しましたが、これが一番ベストでした。
IMG20040704B.jpg

おれた接点の跡にギターの弦をハンダづけ。
IMG20040704D.jpg

最後にアルコールで接点をきれいにして完了。
いろいろメンテが大変ですが、キーボード接点のカチカチ感がprophet-5のいいところでもあるんです。

このリペア記も整理したら、いずれ本家でご紹介します。

2004年07月03日

DIYシンセデモ曲その1

このブログも、すっかり週一ペースの更新になってきました・・・

自作シンセも、ノイズジェネがついたことだし、ここらでデモ曲でも作ってみるかということで、センスの無さを省みず、簡単な曲を作ってみました。

音源は今回製作した(製作中!?)シンセだけで、リズムとベースはMC-4を使って打ち込みました。
録音は、先日調達したAW16Gを使ってオーバーダブしてます。エフェクターもAW16Gに内蔵のものだけを使ってます。そのAW16Gも買ってからあまり触ってなくて、録音よりマニュアルを見ている時間の方が長かったような・・・。

DIYモジュラーシンセデモ曲その1(MP3 128kbps 1.8MB)

結局、どっかの寄せ集めみたいな曲になっちゃった。
本当は、「SENS」みたいに、メロディのきれいな曲を作ってみたいのだけれど・・・。

« 2004年06月 | トップ | 2004年08月 »